NTT 澤田社長が会長に 島田副社長が社長に昇格 きょう発表へ

NTTは、澤田純社長が代表権のある会長につき、後任の社長に島田明副社長が昇格する人事を固め、12日発表することにしています。

島田氏は64歳。

人事や総務の経験が長く、転勤や単身赴任の原則廃止などグループ内の働き方改革を推進してきました。

一方、澤田社長(66)は代表権のある会長に就きます。

NTTドコモの完全子会社化などグループ再編を進めたほか「IOWN」と呼ばれる光技術を使った次世代ネットワークを推進してきました。

新たな体制では島田氏がグループ全体の事業のかじ取りを担い、澤田氏はガバナンス=企業統治や「IOWN」の世界展開に引き続き携わる見通しです。

会社は、6月の株主総会のあとの取締役会でこの人事を正式に決めることにしています。

IT分野をめぐってNTTグループは、グーグルやアマゾンなどアメリカのIT企業に大きく差をつけられており、新たな経営体制で競争力をさらに高めていけるかが焦点です。