EV中国メーカー 日本でのバス販売目標累計4000台 2030年までに

EV=電気自動車大手の中国メーカー「BYD」は、2030年までに日本で累計4000台のEVのバスを販売するという目標を明らかにしました。商用車でもEVをめぐる日本と海外メーカーの競争が激しくなりそうです。

バッテリーのメーカーとして創業し、現在はEVの製造・販売を手がける中国のBYDは、世界で7万台のEVのバスを販売していて、2015年からは日本市場にも参入しています。

10日は東京都内で新しいEVバスの発表会が開かれ、一度の充電で走れる距離=航続距離を従来より1割程度伸ばした新型車など2つの車種を来年、投入すると発表しました。

さらに2030年には日本市場で累計4000台のEVバスを販売するという新たな目標を明らかにしました。

BYDはEVバスの分野では日本で7割余りのシェアを持ち、他社をリードしています。

BYDジャパンの花田晋作副社長は「交通事業者は電動化の意識が高まっていて、目標達成は難しくない。日本のカーボンニュートラルに向けて頑張っていきたい」と話していました。

いすゞ自動車と日野自動車も2024年度から共同でEVバスの生産に乗り出す方針で、商用車でもEVをめぐる日本と海外メーカーの競争が激しくなりそうです。