盗まれた仏像がオークションサイトに出品 寺に返される 京都

去年、京都市の寺から盗まれた仏像が、インターネットのオークションサイトに出品されていることが、今月明らかになり、仏像は寺に返されました。出品した古物商は「骨とう業者専用のオークションで仕入れた」と話していて、警察は盗まれた仏像が出品されたいきさつを詳しく調べています。

去年6月、京都市上京区にある「立本寺」で、お堂に安置されていた高さおよそ50センチの仏像「月天子(がってんじ)」が盗まれ、今月、インターネットのオークションサイトによく似た仏像が出品されました。

出品したのは大分県にある古物商で、寺や警察からの問い合わせを受けて、今月6日、仏像を寺に返し、盗まれた仏像だと確認されたということです。

古物商は、先月、京都市で開かれた骨とう業者向けのオークションで仏像を落札したとしていて、NHKの取材に対し「盗まれた品とは知らずに仕入れました。驚いて急いで対応しました」と話していました。

警察は盗まれた仏像がオークションに出品されたいきさつなどを詳しく調べています。

立本寺の三木大雲 貫主名代は「1年近くかけて仏像に再会することができ、毎日拝むことができる日常にほっとしています。情報を寄せてくれた多くの人にも感謝したい」と話していました。