大腸菌の一種 O157の「弱毒化」に成功と発表 群馬大大学院など

大腸菌の一種、O157の毒素に特殊な炭素を加えることによって弱毒化できたと群馬大学大学院などの研究チームが発表し、今後、治療法の確立につながることが期待されるとしています。

群馬大学大学院医学系研究科の平川秀忠准教授と、化学メーカーなどでつくる研究チームは、O157にヒトが感染すると生産されるベロ毒素などの弱毒化に向けた実験を行ってきました。

その結果、蓄電池などに使われる特殊な炭素を加えることによって弱毒化できたと発表しました。

O157に似た病原菌に感染した複数のマウスで、特殊な炭素の効果について調べる実験を行ったところ、炭素を投与しない場合、感染後9日目までに死んだのに対し、投与した場合は最長で2週間生きていたことから、研究グループは弱毒化できたとしています。

また、この炭素をO157の培養液に加えたところ、炭素が毒素を吸着したことから、ヒトに投与した場合、毒素が全身に広がる前に排せつできる可能性があるとしています。

O157に感染した際の根本的な治療法は確立されていないということで、研究グループは今後、食中毒の予防や治療法の確立につながることが期待されるとしています。

平川准教授は「O157は、幼児や高齢者が重症化して亡くなるリスクが非常に高い。1人でも多く救えるようさらに研究を進めたい」と話していました。