知床 観光船沈没 無人潜水機で海底の船の調査始まる

北海道の知床半島沖で14人が死亡、12人が行方不明になった観光船の沈没事故で、8日朝から民間の専門業者が無人潜水機を使って、海底に沈んだ船の周辺で調査にあたっています。

先月23日、知床半島の沖合で乗客・乗員26人を乗せた観光船「KAZU 1」(19トン)が沈没した事故は、乗客14人が死亡、今も12人が行方不明になっています。

沈没現場には、海上保安庁から依頼を受けた民間のサルベージ会社の船が7日に到着し、第1管区海上保安本部によりますと、8日朝から無人潜水機を使って水深およそ120メートルの海底に沈んだ船の周辺で調査を始めたということです。

午前10時すぎにNHKのヘリコプターが撮影した映像では、沈没現場から半島寄りの海上で、サルベージ会社の船がクレーンを使って無人潜水機を海中に下ろす様子が確認されました。

現場海域では今後、別の作業船も合流し、今月中には潜水士が「飽和潜水」と呼ばれる深い海に対応できる方法で海底に潜って、船内での捜索のほか、船体の引き揚げに向けた調査を進めることにしています。

一方、海上での捜索も知床半島周辺から北方領土の国後島周辺まで範囲を広げて続けられていて、海上保安本部や自衛隊などが行方不明者の発見を急いでいます。

国土交通省の渡辺副大臣が献花

北海道の知床沖で発生した観光船の沈没事故を受けて、斜里町に設けられた献花台には連日多くの人が訪れていて、8日は事故の対応にあたっている国土交通省の渡辺副大臣が訪れ、花を手向けました。

国土交通省の渡辺猛之副大臣は、8日午前11時ごろ、斜里町朝日町の運動施設に設けられた献花台を訪れました。

献花台には連日、観光客など多くの人が献花に訪れていて、渡辺副大臣は、花を手向けて祈りをささげたあと、町の関係者から話を聞いていました。

このあと、取材に応じた渡辺副大臣は、「献花をしていただいている方々の気持ちが通じて、行方不明の方々全員が家族の元に戻れればと思います。国として早期発見に努めるとともに、事故の原因究明と再発防止に全力で取り組んでいきたい」と述べました。