社会

山梨 道志村 骨のようなものと服は同じ場所で一緒に見つかる

行方不明の女の子のものと特徴が一致する靴や服が見つかった山梨県道志村の山中の沢では、7日も警察による捜索が行われる予定です。捜査関係者によりますと3日前に見つかった人の骨のようなものと服は同じ場所で一緒に見つかったということで、警察は周辺を重点的に調べることにしています。
4月23日、山梨県道志村の山中の沢で、人の頭の骨の一部が発見され、その後の捜索では、先月28日と29日に運動靴と靴下1枚が、そして今月4日には肩甲骨とみられる人の骨のようなものと長袖の黒っぽいハイネックの服が見つかりました。

警察によりますと、運動靴と服は3年前、近くのキャンプ場で行方不明になった、当時小学1年生で千葉県成田市の小倉美咲さんが身につけていたものと特徴が一致しているということです。

これまでの捜索で靴や服などが見つかったのは、山の斜面にある水がかれた沢の半径十数メートルの範囲内だったということです。

また捜査関係者によりますと、このうち4日の捜索で発見された人の骨の様なものと服は同じ場所で一緒に見つかったということで、警察は7日の捜索でも周辺を重点的に調べることにしています。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。