ペンギンがこいのぼりのマフラー巻いて散歩 よちよち歩く 松江

大型連休に合わせて、島根県松江市のテーマパークでは、飼育しているペンギンがこいのぼりのマフラーを巻いて散歩する催しが行われ、訪れた人たちを楽しませています。

松江市にある花と鳥のテーマパーク「松江フォーゲルパーク」では、大型連休の期間中、「こどもの日」に合わせて、職員が手作りしたこいのぼりのマフラーを、飼育しているペンギンが巻いて散歩する催しが行われています。

園内には、大勢の家族連れなどが集まり、よちよちと歩く、かわいらしいペンギンの姿を写真に撮っていました。

島根県出雲市から家族で訪れた女の子は「緑色のマフラーをつけたペンギンが歩いているところがかわいかったです」と話していました。

また、福岡県から家族で訪れた男の子は「後ろ姿と、歩いているところがかわいかったです」と話していました。

この催しは8日まで行われます。