山梨 道志村 人の骨のようなもの・服 新たに発見 きょうも捜索

行方不明の女の子のものと特徴が一致する運動靴などが見つかった山梨県道志村の山中の捜索で4日、新たに人の骨のようなものや服が見つかりました。服は行方不明の女の子が当時着ていたものと特徴が似ているということで、警察は詳しく調べることにしています。

先月23日、山梨県道志村の山中で人の頭の骨の一部が見つかり、その後の捜索でこれまでに子ども用の運動靴と靴下1枚が見つかっています。

運動靴と靴下は3年前、近くのキャンプ場で行方不明になった当時小学1年生で千葉県成田市の小倉美咲さんが履いていたものと特徴が一致しています。

そして警察による4日の捜索では、新たに人の上半身の骨のようなもの1つと長袖の黒っぽいハイネックの服が見つかったということです。

警察によりますと、このうち服は小倉美咲さんが当時着ていたものと色や形の特徴が似ているということです。

また捜査関係者によりますと、服の一部は沢に積もった落ち葉に覆われるなどしていて上流から流された可能性もあるということです。

警察は骨のようなものや服について鑑定などを進めるとともに、5日も沢沿いを重点的に捜索することにしています。