知床 観光船沈没 「飽和潜水」で水深約120mの船内を捜索へ

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で海上保安庁は、民間業者と契約し、より深い海への潜水が可能な「飽和潜水」と呼ばれる方法で、水深およそ120メートルの海底での船内の捜索を行うことにしています。

知床半島の沖合で沈没した観光船「KAZU 1」(19トン)は水深およそ120メートルの海底で見つかり、海上保安庁や海上自衛隊が船内に取り残された人がいないか水中カメラによる捜索を続けていますが、潮の流れが速いうえに視界も悪く難航しています。

このため海上保安庁は、より深い海への潜水が可能な「飽和潜水」と呼ばれる方法で海底での捜索を行うことを決め、特殊な技術をもつ民間業者と8億7700万円で契約し、早ければ今月中にも捜索を始めることにしています。

海上保安庁の潜水士が潜ることのできる深さが60メートルほどであるのに対し、飽和潜水は、潜水士の体を深海の高い水圧に慣らしながら潜る方法で、深さ100メートルを超える海中での作業も可能になるとされています。

国土交通省は、海底での捜索を進める一方、船体をどのように引き揚げるかについても今後検討することにしています。

第1管区海上保安本部などによりますと、現場海域に向かっているのは、海上保安庁が契約した「日本サルヴェージ」から業務委託を受けた会社が所有する「新日丸」で、2日夕方、鹿児島県の港を出港しました。

早ければ今月上旬にも現場海域に到着し、遠隔操作できる無人潜水機を使って沈没した船の内部や周辺を調査し行方不明者の捜索を行うことにしています。

船長の判断 社長の指示や権限が運航に与えた影響も捜査へ

一方今回の事故で海上保安庁は2日、北海道斜里町にある観光船の運航会社「知床遊覧船」の事務所などを業務上過失致死の疑いで捜索しました。

通常、船舶事故の捜査は、船長や船員などの当事者を対象に、操船の状況を調べて過失などを認定しますが、関係者によりますと、捜索令状を取るにあたって、過失の疑いがあるとした対象は「KAZU 1」の豊田徳幸船長に加え、会社の桂田精一社長が含まれているということです。

これまでの海上保安庁の調べで、事故当日に桂田社長と豊田船長が天気が荒れる可能性があると認識しながら出航を決めたうえで、海が荒れた場合は引き返す「条件付きの運航」を申し合わせたことがわかっていて、海上保安庁は判断に問題がなかったか捜査する方針です。

そのうえで、船長による判断に加え、社長の指示や権限がどこまで当日の運航に影響を与えたかなどについて詳しく調べることにしています。