約5万本のナデシコが咲き誇る住宅の庭 一般に開放 宮崎 西都

宮崎県西都市の住宅の庭でおよそ5万本のナデシコの花が咲き誇り、訪れた人たちがピンク色のじゅうたんのように広がった花畑を楽しんでいます。

西都市三宅に住む黒木誠子さんは、12年前から自宅の庭でナデシコを栽培していて、およそ5万本の花が満開になる毎年この時期、一般に開放しています。

広さおよそ13アールの庭では、ことしもナデシコの花が咲き誇り、訪れた人たちがピンク色のじゅうたんのように広がった花畑を写真に収めるなど楽しんでいます。

宮崎県国富町から友人と訪れた79歳の女性は「初めて見ましたが、とてもきれいで癒やされます。ずっとここにいたい気分です」と話していました。

庭を開放している黒木さんは「老後の生きがいとして育て始めました。育てるのは大変ですが、見る人が癒やされたり喜ばれたりすると苦労が報われます。ぜひ見に来てほしい」と話していました。

この庭は今月7日まで一般に開放するということです。