三井住友銀行 システム障害 一部サービス利用しづらい状況続く

三井住友銀行で30日夕方からATMなど一部のサービスが利用しづらい状況になったシステムの障害は、発生から半日たった1日朝になっても解消していません。

三井住友銀行によりますと、30日午後5時半ごろから銀行の基幹システムとATM=現金自動預け払い機の接続が不安定になる障害が起き、一部のサービスが利用しづらい状況になりました。

利用しづらくなったのは、コンビニのATMでのキャッシュカードやクレジットカードによる取り引きのほか、スマートフォンのキャッシュレス決済サービスのチャージ、それに銀行の本店や支店のATMで、ほかの銀行のカードを使った場合の取り引きなどで、発生からほぼ半日たった1日朝になっても障害は解消されていないということです。

銀行が障害の原因を調べるとともに復旧作業を急いでいますが、今のところ復旧のめどは立っていないということです。

三井住友銀行は「ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません」としています。