中国 湖南省 建物が突然倒壊 23人閉じ込め 39人と連絡取れず

中国内陸部の湖南省長沙で29日、宿泊施設などが入った8階建ての建物が突然倒壊し、地元当局によりますと、23人が閉じ込められているほか、39人と連絡が取れなくなっているということで消防などが救助にあたっています。

中国内陸部の湖南省長沙で、29日の午後0時すぎ、市内にある8階建ての建物が突然倒壊しました。

建物には宿泊施設や飲食店などが入っていて、地元当局によりますと、23人が閉じ込められているほか、39人と連絡が取れなくなっているということで、消防などが救助にあたっています。

国営の中国中央テレビは、建物はもともと6階建てで、その後、2階分が増築されたと伝えていますが、倒壊した詳しい原因は調査中だとしています。

中国では違法建築などが原因でたびたび建物が倒壊しています。

事故を受けて習近平国家主席は、救助や負傷した人の治療などに全力を挙げるとともに、近年、建物の倒壊事故が相次いでいるとして、重大事故の発生を防ぐよう求める重要指示を出しました。