知床 観光船遭難 船体か 「KAZU1」の文字 海自の水中カメラ

北海道の知床半島沖で26人が乗った観光船が遭難した事故で、通報があった「カシュニの滝」近くの海域で、「KAZU1」という文字が書かれた船体とみられるものが海底にあるのを、海上自衛隊の掃海艇が水中カメラの映像で確認したことが分かりました。

海上保安庁は遭難した観光船とみて、詳しく調べています。

今月23日、知床半島の沖合で、乗客・乗員26人を乗せた観光船「KAZU1」が遭難した事故で、周辺の海域では28日までに14人が見つかり、いずれも死亡が確認されています。

海上保安庁や関係機関が行方不明者などの捜索を続けていますが、海上保安庁によりますと、観光船から通報があった「カシュニの滝」近くの海域で、29日午前、海底に船体とみられるものがあるのを、海上自衛隊の掃海艇が水中カメラの映像で確認したということです。

水深はおよそ100メートルで、水中カメラを2回入れたところ、2回目で「KAZU1」という船名のすべての文字のほか、観光船と同じ青色の塗装も確認されたということです。

海上保安庁は遭難した観光船とみて、詳しく調べています。

船体らしきもの発見 家族への説明会で伝えられる

海上保安庁によりますと観光船の船体らしきものが見つかったことについて、29日午前、斜里町役場ウトロ支所で開かれた家族への説明会の中で伝えられたと言うことです。

海上保安庁の奥康彦参事官は「説明会の途中で速報としてお伝えしたが大きな反応はなかった」と話していました。

献花に訪れた男性「早く船を引き上げて」

船体とみられるものが確認されたことについて、遺体が安置されている斜里町の運動施設に献花に訪れた、釧路市の30代の男性は「早く船を引き上げてもらって、中にまだ乗っているかもしれない方々を早くご家族のもとへかえしてあげてほしい」と話していました。

また、同じく献花をした斜里町に住む70代の男性は、「やっと見つかったかという思いです。この冷たい海の中で、船の中にとどまっている人もいると思うとことばにならない」と声を詰まらせながら話していました。