東京 大田区 立てこもった男が死亡 女性切りつけ猟銃で自殺か

28日夜、東京 大田区のマンションで40代の女性が刃物で切りつけられてけがをして、知人とみられる30代の男が部屋の中に立てこもりました。
その後、男が部屋の中で血を流して死亡しているのが見つかり、警視庁は女性を切りつけたあと猟銃で自殺を図ったとみて、詳しいいきさつを調べています。

28日午後10時半ごろ、東京 大田区のマンションで「女性が刃物で刺されて男が暴れている」と119番通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、40代の女性が腕にけがをしていて救急車で病院に運ばれて手当てを受けていますが意識はあるということです。

捜査関係者によりますと、このマンションの3階に住んでいる女性の知人とみられる30代の男が部屋の中に立てこもり、その後、猟銃を発砲したような音が2回したということです。

警察官が呼びかけても応答がないため29日午前2時半ごろに部屋に入ったところ、男が居間で頭から血を流して倒れているのが見つかり死亡が確認されました。すぐそばに猟銃とみられるものが落ちていたということです。

警視庁は男が女性に切りつけたあと猟銃で自殺を図ったとみて、詳しいいきさつを調べています。

現場は京急蒲田駅から1キロほど離れた住宅街で、周辺には規制線が張られ多くの警察車両が集まり、防弾チョッキを着た捜査員が慌ただしく出入りしていました。

また警察官がマンションの住民などに避難を呼びかけ周辺は一時騒然となりました。

隣の部屋に住む男性「こんなことが起きるとは」

男が立てこもっているとみられる部屋の隣に住む20代の男性は「はじめは何も気付きませんでしたが、インターホンが鳴ったので玄関に出ると警察官がいて『銃を持った人がいるから避難するように』と言われました。部屋を出る時、廊下に血痕のようなものがありました。自分の部屋のすぐそばでこんなことが起きるとは思わず驚きました」と話していました。

2階に住む男性「早く解決してほしい」

マンションの2階に住む40代の男性は「昨夜10時半すぎに上の階で棒でたたくような大きな音が聞こえ、その直後にパトカーのサイレンが鳴りました。そして警察官が部屋を訪ねてきて『避難してください』と声をかけられました。住んでいる場所でこんなことが起きるなんて怖いし、びっくりです。部屋に帰りたいので早く解決してほしい」と話していました。