社会

相模原障害者施設殺傷事件 植松聖死刑囚が横浜地裁に再審請求

相模原市の知的障害者施設で入所者19人を殺害し殺人などの罪で死刑が確定した植松聖死刑囚が横浜地方裁判所に再審=裁判のやり直しを請求したことが分かりました。
植松聖 死刑囚(32)は、2016年に相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害した罪などに問われ、おととし3月に1審の横浜地方裁判所で死刑を言い渡されました。

弁護士は控訴しましたが、その後、本人が取り下げ、死刑が確定していました。

これについて、植松死刑囚側が今月1日、横浜地方裁判所に再審=裁判のやり直しを請求していたことが裁判所への取材で分かりました。

横浜地裁は今後、再審の開始を認めるかどうか判断することになります。

植松死刑囚は判決が確定したあとのおととし4月、横浜拘置支所でNHKの記者の接見に応じ、控訴の取り下げについて「これ以上、裁判を続けるのは間違っていると思ったからです。死への恐怖には慣れました」などと話していました。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。