知床観光船遭難事故 新たに2人を発見

北海道の知床半島沖で起きた観光船の遭難事故で、海上保安庁関係者などによりますと、28日午後、周辺の海域で新たに2人が見つかったということです。性別や容体など詳しいことは分かっていません。海上保安本部は、観光船の乗客か乗員とみて身元の確認を進めています。

今月23日、乗客・乗員26人を乗せた観光船「KAZU 1」が(19トン)知床半島の沖合で遭難した事故は、これまでに見つかった乗客11人が死亡し、15人が行方不明になっています。

事故から6日目の28日も現場海域の周辺では捜索が続けられていて、海上保安庁関係者などによりますと、海上自衛隊の掃海艇が28日午後、新たに2人を見つけたということです。

性別や容体など詳しいことは分かっていません。

第1管区海上保安本部は、観光船の乗客か乗員とみて身元の確認を進めています。

これで、これまでに周辺海域で見つかったのはあわせて13人となりました。