山梨 女児行方不明 “美咲の骨ではないと思う” 母親が現場に

小倉美咲さん(9)の母親の小倉とも子さんが28日午後、山梨県道志村の捜索現場を訪れました。小倉さんは「2年7か月、美咲が無事に戻ってくると信じて探してきたので、今回見つかった人の骨は美咲のものではないと思っています」と話しました。

小倉とも子さんは午後1時すぎ、3年前に美咲さんの行方が分からなくなったキャンプ場に到着し、警察の捜索が行われている現場の手前の規制線までの数百メートルを美咲さんが大切にしていた犬のぬいぐるみを持ちながら歩きました。

歩きながら、足元や道の脇にある斜面を確認するなどしていました。

そして現場の手前まで到着すると、捜索が行われている道の先をまっすぐに見据え、時折、涙をこらえるように上を向いていました。

小倉さんは「やはりキャンプ場にくるとあの日のことを思い出すし、美咲の笑顔を思い出すので、胸が苦しくなりました。もしかしたら、この道を歩いたんじゃないかと思って、耐えられなくなりました」と心境を話しました。

キャンプ場から現場の手前まで歩いた印象については「すごい距離を歩いてきたので、ここまで娘が1人で来たのは考えづらいと母親として思いました。かなりデコボコな砂利道があり、私も石につまずいたりしてここまで来ました。足の小さい娘が怖い思いをしながら、こんな奥まで来るだろうかという思いがしました」と話していました。

そして、「これまでこの付近にも何度か足を運んでいます。この先はもっと斜面が急なので、絶対美咲が入るわけがないと思っています。私としては、2年7か月、美咲が無事に戻ってくると信じて探してきたので、今回見つかった人の骨は美咲のものではないと思っています」と話しました。

また「この付近に人の骨があったことは確かなので、いろんな思いが込み上げてきて、この場に立ったときに涙があふれてしまいました」と息を詰まらせるようにしながら話していました。

小倉さんはこのあとキャンプ場を訪れている人に美咲さんの特徴などが書かれたチラシを配り、改めて情報の提供を呼びかけていました。

28日の捜索も進展なし 29日も捜索継続

道志村の山中では、28日も捜索が行われましたが、警察によりますと新たな手がかりは見つからなかったということです。
警察は29日も捜索を続けることにしています。

今月23日、山梨県道志村の山中で人の頭の骨の一部が見つかり、捜査関係者によりますと、子どもなど若い人のものとみられ、亡くなってから数年が経過していると推定されています。

急な斜面にある水がかれた沢の地面で見つかり、警察は28日もこの沢の上流や下流を中心に捜索を行いましたが手がかりは見つからなかったということです。

警察は、29日もこの沢を中心に範囲を広げて捜索を続けることにしています。

今回、見つかった場所から西に600メートルほど離れたキャンプ場では3年前、小学1年生だった千葉県成田市に住む小倉美咲さんの行方が分からなくなっています。

警察はDNA鑑定を進め関連がないか調べています。