“佐々木朗希に球審が詰め寄る” NPBに質問状提出へ 選手会

日本プロ野球選手会は、今月24日の試合で判定をめぐってマウンド上のピッチャーに球審が詰め寄ったことを受け、NPB=日本野球機構に選手への審判員の対応方法などについて問う質問状を提出する意向を明らかにしました。

今月24日に京セラドーム大阪で行われたオリックス対ロッテの試合で、ボールの判定を受け表情を変えた佐々木朗希投手に、この試合で球審を務めていた白井一行審判員が詰め寄った場面がありました。

これを受けて、選手会は28日に行ったNPBとの事務折衝の中で、選手への審判員の対応方法などを問う質問状をNPBに提出する意向を伝えたということです。

選手からは、日常的にコミュニケーションが不足しているという声が寄せられているということで、選手会と審判員の代表者が話し合う場も設けたいとしています。

選手会の加藤諭次長は「過去には審判員との交流会を開いていたが、ここ数年実現できていない。同じグラウンドに立つプロとして審判にとってもいい制度づくりができると思うので、協議できればと思う」と話していました。

一方、今シーズンのオフをめどに開催する見通しとなっている「現役ドラフト」については、28日の時点ではNPB側から案が示されず、選手会は臨時総会を開く7月までに具体案を示すよう要望したということです。