公明 北側副代表「反撃能力」に名称変更評価

国家安全保障戦略などの改定に向けた自民党の提言で、いわゆる「敵基地攻撃能力」を「反撃能力」に名称変更するよう求めていることについて、公明党の北側副代表は、先制攻撃の誤解を与えない意味で評価できるという考えを示しました。

国家安全保障戦略などの改定に向けて自民党が、27日岸田総理大臣に提出した提言では、いわゆる「敵基地攻撃能力」について「反撃能力」に名称を変更したうえで保有することなどを求めています。

公明党の北側副代表は記者会見で「先制攻撃という誤解を与えないという意味で、少なくとも『敵基地攻撃能力』ということばが変わったことは評価したい」と述べました。

また、防衛費の増額について「日米同盟の信頼性を高め、連携強化に資するためにどうするかという議論が大事だ。数字ありきではなく、まずは中身を政府や自民党とよく議論したい」と述べたうえで夏の参議院選挙のあとに協議が本格化するという見通しを示しました。

一方、山口代表が27日、みずからの後任の代表に石井幹事長が有力だとの認識を示したことについて「山口氏や私のような世代がいつまでもいてはまずい。人材が育ち、次の時代を担っていく姿は当然で、私も石井氏に非常に期待している」と述べました。