知床観光船遭難“海底に一定の大きさの物体”カシュニの滝近く

北海道の知床半島の沖合で乗客・乗員26人が乗った観光船が遭難した事故で、現場海域の捜索にあたっていた漁船から、魚群探知機で海底に一定の大きさがある物体を確認したと連絡があり、第1管区海上保安本部は行方が分からなくなった観光船の可能性もあるとみて確認を急いでいます。

今月23日、乗客・乗員26人を乗せた観光船「KAZU 1」(19トン)が知床半島の沖合を航行中に遭難した事故は、これまでに11人の死亡が確認され、ほかの乗客・乗員や船体の捜索が続けられています。

海上保安庁によりますと26日午前、遭難現場とみられる斜里町の「カシュニの滝」近くで観光船の捜索にあたっていた漁船から、魚群探知機で海底に一定の大きさがある物体を確認したと連絡があったということです。

この場所は「カシュニの滝」から南に500メートルほどの「蛸岩」と呼ばれる岩場の近くで、水深はおよそ30メートルあるということです。

第1管区海上保安本部は、行方が分からなくなっている観光船の可能性もあるとみて、現場にダイバーなどを派遣して確認を急ぐとともに、引き続き乗客らの発見に全力を挙げることにしています。
NHKのヘリコプターで上空から撮影した映像では、救助要請の通報があった海域の沖合で、午前11時前から、海上保安庁の巡視船の甲板でダイバーたちが潜水服などを身につけ、右舷に備え付けられている小型船に乗り込む様子が見られました。

そして、午前11時20分すぎ、ダイバーたちが乗った小型船が巡視船から海面に降ろされました。

小型船は、風が吹き、白波が立つ中、沿岸近くに向けて進んでいました。