東京メトロ 来年春から運賃10円値上げ ホームドア設置費用など

東京メトロは、転落防止のためのホームドアの設置などにかかる費用を利用者にも負担してもらうため、来年春から運賃を10円値上げすることになりました。

発表によりますと、東京メトロはすべての路線を対象に、来年の3月ごろから、1回の乗車につき10円、通勤の定期では6か月で2000円程度を値上げします。

一方で、通学の定期は対象外とします。

国は去年12月、駅構内などのバリアフリー化を進めるため、転落防止のためのホームドアやエレベーターの設置を行う場合には、国の審査や認可を受けずに届け出を行うだけで、関連する費用を運賃に上乗せすることができる、新たな制度を設けました。

今回の値上げは、この制度を活用して行われるもので、値上げによって年間で109億円余りの増収が見込まれるということです。

会社では、この資金を活用して2025年度中にすべての駅にホームドアを整備することにしているほか、ホームと車両の床面の段差の解消や、すべての車両へのフリースペースの設置などを進めたいとしています。

この制度の利用をめぐっては、JR東日本も来年の3月ごろから、首都圏の主な路線で、1回の乗車につき10円を値上げすることを発表しています。