福島第一原発集団訴訟 最高裁で弁論 原告側「誰の責任なのか」

福島第一原子力発電所の事故で各地に避難した人たちが国と東京電力に賠償を求めた集団訴訟で、最も規模が大きい福島県の住民などによる訴訟の弁論が最高裁判所で開かれ、原告側は「事故がどうして起きたのか、誰の責任なのかはっきりさせてほしい」と訴えました。

原発事故で各地に避難した人などが国と東京電力に賠償を求めている集団訴訟では、2審の判断が分かれた国の責任について最高裁判所で審理が行われています。

25日は原発事故のあとも福島県内で暮らし続ける人や避難した人などおよそ3600人が起こし、1審と2審で国の責任が認められた訴訟の弁論が開かれました。

事故当時、福島県富岡町に住んでいた深谷敬子さん(77)は「地元で40年にわたり美容師として働いてきましたが、事故で自宅も店も生きがいも、私が生きてきた証そのものを奪われました。事故がどうして起きたのか、誰の責任なのかはっきりさせてほしい」と訴えました。

また、原告側の弁護士は「政府による地震の『長期評価』の信頼性は明らかで、平成14年に公表されたあと国は東京電力が万全な津波対策をしているか厳格に判断すべきだったのに怠った」と主張しました。

一方、国は「『長期評価』は信頼性が低く、それに基づいて対策を指示しても事故を防げなかった」と主張しました。

最高裁判所は来月、愛媛の訴訟でも弁論を開き、夏にも統一判断を示す見通しです。

原告「いい判決を出してほしい」

最高裁判所の弁論のあと、上告中の4件の集団訴訟の原告の代表と弁護士が東京 千代田区で記者会見を開きました。

福島の訴訟の原告で、25日の弁論で意見陳述を行った深谷敬子さんは「避難を続けた11年間、どれだけ大変な思いをしてきたか、裁判官に知ってほしかった。いい判決を出してほしい」と話しました。

また、原告団長の中島孝さんは「国は全く反省していないので責任を断罪されないと同じことを繰り返すと思う。裁判で国の違法性がしっかり認められるとともに、国に姿勢を改めさせるための国民的な議論が必要だ」と話していました。

弁護団の馬奈木厳太郎弁護士は「ひとたび原発事故が起きれば甚大な被害が起こるからこそ、万が一にも事故が起きないように国は権限を持たされているのに適切に行使しなかった。法の趣旨や目的に照らして規制の在り方がどうあるべきなのか、歴史的な判決が示されると確信している」と話していました。

原告などが東京 永田町で集会 国に責任認めるよう訴え

福島第一原子力発電所の事故で各地に避難した住民などが起こした集団訴訟で最も規模が大きい福島県の住民などによる訴訟の弁論が最高裁判所で行われるのを前に、原告たちが東京 永田町で集会を開き、国に事故の責任を認めるよう訴えました。

25日午前、東京 永田町にある衆議院と参議院の議員会館前には最高裁判所で審理が行われている福島と千葉、群馬、それに愛媛の4件の集団訴訟の原告などおよそ200人が集まりました。

集会では福島の訴訟の原告団長で、原発事故のあとも相馬市でスーパーを営んでいる中島孝さんが「原発がどれだけ危ういものか、一度事故が起きてしまったら長期にわたってどれほど深刻な被害が出るのか嫌と言うほど目にしたし、体験させられてきた。二度とこんなことが起きないよう国は責任を認めるべきだ」と訴えました。

参加者たちは「原発NO!」や「福島切り捨てNO!」などと書かれた紙を国会議事堂に向けて掲げていました。

原発事故後に出された避難指示によって浪江町から福島市に避難している80代の男性は「生まれたときから住んでいた家から避難せざるを得なくなりました。地元では自営業を営んでいましたが、避難指示が解除されたあとも仕事が成り立つほど住民の帰還は進んでいません。国の責任が認められることを期待しています」と話していました。