【詳細】知床 観光船遭難 事故の経緯は

北海道の知床半島の沖合で乗客・乗員26人が乗った観光船が遭難した事故。
現場でいったい何が起きたのか。
23日の出港から事故の通報、捜索まで、これまでの経緯をまとめてお伝えします。

23日午前10時ごろ 「KAZU 1」出港

観光船「KAZU 1(19トン)」が斜里町のウトロ港を出港しました。

NHKが斜里町のウトロの港に設置しているカメラには、23日午前9時50分すぎに乗客が次々と乗り込み、午前10時ごろに港から出発する様子が映されていました。
関係者によりますと、この船が観光船「KAZU 1」だということです。

子ども2人を含む乗客24人と船長と甲板員それぞれ1人のあわせて26人が乗っていて、知床半島の先端にある知床岬で折り返し、午後1時にウトロの港に戻る予定だったということです。

知床斜里町観光協会によりますと、運航会社は、23日、ほかの運航会社に先駆けて今シーズンの運航を始めたばかりでした。

「『行くな』と言ったのに…」

この観光船とは別の運航会社の男性が記者団の取材に応じました。
男性は「海が荒れるのが分かっていたので、『行くな』と言った。なぜ行ってしまったのかと思う」と話していました。
また地元の漁協の組合長も取材に応じ観光船が出港する前、船長に対し「波が高くなるから出港しない方がいいと忠告したが、出て行ってしまった」と当時の状況を証言しました。

観光船と同じくウトロの港を午前5時ごろ釣り船で出港した男性は「午後からしけるという予報で、そのとおりに波が高くなってきていたが、船が走れないほどではなかった」と話していました。

相次ぐ通報 救助求める

異変があったのは、出港からおよそ3時間後でした。

午後1時13分、観光船から無線で連絡を受けた別の運航会社が海上保安庁に救助を要請しました。

「『カシュニの滝』付近で沈みかかっている。浸水している」という内容でした。
午後1時18分、この船から直接「船首が浸水している。エンジンが使えない。救助を頼む」と海上保安庁に118番通報がありました。

午後2時55分には、観光船の運航会社から「KAZU 1から『船が30度ほど傾いている』と午後2時ごろの連絡を最後に連絡が途絶えている」と海上保安庁に連絡がありました。

乗客について、運航会社は海上保安庁に対し、全員救命胴衣を着用していたと説明しているということです。

気象台によりますと、事故当時、周辺の海域の波の高さは3メートルで、強風と波浪の注意報が出ていました。

以前、知床の観光船の船員だった男性によりますと、現場のカシュニの滝付近について「潮の流れが速いほか、暗礁があり危険な場所だ」と話しています。
暗礁の大きさはおよそ縦30メートル横10メートルほどで、この場所を行き交う観光船は十分に注意しながら航行しているということです。

またこの海域は北西の風が吹くと波が立ちやすく、操船が難しくなるということです。

捜索開始 23日は発見に至らず

通報を受けた海上保安庁は巡視船と航空機で救助に向かいました。

現場付近の海域には午後4時半ごろにヘリコプターが到着しました。

ヘリコプターは釧路の基地から出発したということですが、知床半島からおよそ160キロ離れ飛行時間だけでも1時間以上かかるということです。
航空機は別のパトロールをしていたため、いったん基地に戻って給油を行ったり、潜水士を乗せたりする準備が必要でした。

こうした準備の時間を含めると、通報から現場到着まで3時間以上かかったということです。

磯崎官房副長官は25日、午前の記者会見で「海上保安庁の捜索部隊が現場に到着するまで時間がかかった理由はなぜか」と問われたのに対し「午後1時13分ごろに救助要請を受けた。最も近い釧路航空基地所属の回転翼機は当時、哨戒業務中で現場海域が遠方で、つり上げ救助などの活動時間を確保するために燃料を補給する必要があった」と述べました。

そして「救助活動を行うための海上保安庁の潜水士を同乗させる必要があったことから、午後2時38分に釧路航空基地へいったん帰投し、給油活動および潜水士を同乗させたのちに午後3時20分に基地を出発し、午後4時30分に現地付近海域に到着した」と述べました。
また、船による救助について「航空機と同じく、午後1時22分ごろに道東を管轄する部署に所属する巡視船に対して発動の指示を行った。通常の速力であれば、より早期に現場付近に到着できたと考えられるが、当日、海上が荒天下だったため通常の速力が出せず、最初に到着した巡視船も、午後5時55分に現地付近に到着した。海上が非常に荒天だったことが通常よりも時間がかかった原因だと認識している」と述べました。

さらに、災害派遣要請を受けた航空自衛隊も捜索を行いました。

しかし23日、乗客と乗員の手がかりはつかめませんでした。

捜索は夜通し行われました。

24日午前5時5分 最初の行方不明者を発見

24日も行方不明者の捜索が続けられました。

この日から、地元の漁業者や、道の防災ヘリコプターも捜索に加わり、態勢が強化されました。

そして、午前5時5分、警察の航空機から知床岬の先端の海上で3人を発見したと連絡が入り、救助活動が行われました。

さらに午前5時45分には海上保安庁の航空機が知床岬の先端の岩場で1人を発見しました。

その後も行方不明者の発見が続き、24日は夜11時すぎまでに子ども1人を含め、合わせて11人が発見され、その後、全員の死亡が確認されました。

現場の様子は

またNHKのヘリコプターで24日正午すぎ、知床岬の先端付近の上空から撮影した映像では、岩場に「KAZU 1」と書かれたオレンジと白の浮き輪が打ち上げられているのが確認できます。
第1管区海上保安本部は、24日の捜索中に撮影された画像2枚を公表しました。

このうち知床岬の先端付近で撮影された画像には、潜水士2人が岩場にいた1人を救助している様子が写っています。
また、岬近くの海上で撮影された別の画像では、観光船「KAZU 1」の船名が書かれた浮き輪などの救命具が浮かんでいる様子が確認できます。

25日 3日目も捜索続く

事故から3日目の25日も範囲を広げて捜索を続けています。

斜里町のウトロ漁協では、25日朝も漁業や観光船の関係者などが捜索の範囲を確認したあと、次々と出港していました。

ウトロ漁協の深山和彦組合長は「きのうより波が収まっているので、行方がわからなくなっている人を少しでも早く見つけたい」と話していました。

船舶事故調査官が情報収集

25日午前、国の運輸安全委員会の船舶事故調査官3人は北海道斜里町役場のウトロ支所に設けられた現地対策本部を訪れました。

続いて正午ごろ観光船の運航会社、「知床遊覧船」の事務所に入り、従業員から話を聞きました。
社長への聞き取りは救助や遺族対応の支障とならないよう、25日は行っていないということです。

さらに午後2時ごろには地元の漁協を訪れ、現場海域の特徴などについて情報を確認したということです。

25日の日程を終えた大熊寛章 統括船舶事故調査官は「事故当時は天候が悪かったと聞いているので、海面や天候の状況を分析していく。今後は、関係者や地域をよく知る人から気象や船体についての情報を収集していく。船体が見つかっていないので、可能な限り船体に関する情報を多方面から収集したい」と述べました。

船舶事故調査官は26日も情報の収集と分析を続けることにしています。