京成電鉄 「スカイライナー」などに警備員 切りつけ事件受けて

去年、電車内で乗客が切りつけられる事件が相次いだことを受けて、京成電鉄は車内の警戒を強化することになり、25日から都内と成田空港を結ぶ「スカイライナー」などで警備員の配置を始めました。

警備員を配置するのは「スカイライナー」や「モーニングライナー」など都内と成田空港などを結ぶすべての有料特急です。

初日の25日、都内に向かう「スカイライナー」では警備員が車両を巡回しながら警戒にあたっていました。

京成電鉄ではスカイライナーのすべての車両に防犯カメラを設置していますが、去年、京王線などで乗客が切りつけられる事件が相次いだことを受けて、対策を強化することを決めたということです。

警備員の配置に伴って特急料金は最大50円、値上げされました。

乗車した30代の会社員の男性は「このご時世、なにがあるかわからないので、警備員がいると安心感につながります。値上げは仕方がないと思います」と話していました。

40代の会社員の男性は「対策の必要性は理解できますが、多く利用する人にとっては値上げは負担が大きいかなと思います」と話していました。

京成電鉄の田中亜夫鉄道本部長は「警備員を配置するとそれだけコストがかかるので、値上げはご理解をいただきたい。今まで以上に安心して利用してほしい」と話していました。

警備員を車内に配置する対策は、首都圏の主な私鉄では京王電鉄や東急電鉄でも、一部の列車で導入されています。

東急電鉄 リアルタイムの防犯カメラをほぼすべての車両に

鉄道の車内で乗客が襲われる事件が相次ぐ中、国は、鉄道事業者が新たに車両を導入する際には防犯カメラの設置を義務づけることを検討しています。

こうした中、首都圏の鉄道各社でも、防犯カメラを設置する車両を増やしたり、警備員を車内で巡回させたりするなど、対策が進められています。

このうち東急電鉄では、指令所などでリアルタイムで車内の様子を確認できる防犯カメラを、ほぼすべての車両に設置しています。

これまで、車両内の防犯カメラの多くは記録用で、リアルタイムに確認することはできませんでした。

一方、この防犯カメラは、車両のLEDの蛍光灯に内蔵されていて、データ通信を利用して映像を即時に送ることができます。

このため車内でのトラブルなどの状況を迅速に把握し、その場で乗務員に対応を指示することができるということです。