平成生まれの31歳 全国最年少市長が誕生 大阪 泉南市長選

大阪 泉南市の市長選挙で、平成2年生まれで31歳の山本優真氏が初めての当選を果たしました。山本氏は、現職の市長では、全国で最も若い市長となります。

任期満了に伴う大阪 泉南市の市長選挙は、24日投票が行われ、大阪維新の会の新人、山本優真氏が、無所属の新人を破って、初めての当選を果たしました。

山本氏は、平成2年生まれの31歳で、全国市長会によりますと、現職の市長では、全国で最も若い市長となります。

山本氏は、衆議院議員の秘書などを経て、平成28年から先月まで泉南市議会議員を務めてきました。

当選した山本氏は「泉南市が抱える財政難という問題に立ち向かうために、民間の利活用や、ふるさと納税収入の増額、それに、企業誘致を進めていきたい。若い世代の声を吸収しながら、多くの人に住み続けてもらう泉南市を実現したい」と抱負を述べました。