素粒子Wボソンの質量 予測より大きく「標準理論」修正迫るか

物質を構成する基本的な粒子である素粒子の1つについて、実験から解析された質量が予測より大きいという結果が得られたことを筑波大学などの国際的な研究グループが発表し、素粒子物理学の柱となっている「標準理論」の修正を迫る可能性があるとしてさらなる検証が必要だとしています。

「標準理論」は現在の素粒子物理学の柱となっている理論で、素粒子の種類や質量などの特性を説明できるとされています。

筑波大学の受川史彦教授などの国際的な研究グループは、力を伝えるWボソンと呼ばれる素粒子についてアメリカの研究機関で行った実験データを解析したところ、質量が標準理論の予測より0.09%ほど大きいという結果が得られたということです。

誤差は0.01%とこれまでで最も高い精度で解析しているため、「標準理論」の修正を迫る可能性があり、さらなる検証が必要だとしています。

今回の結果について、一部の研究者から新たな素粒子が存在すれば説明ができるとする論文が発表されるなど議論を巻き起こしています。

研究グループに参加する受川教授は「標準理論を超える何かがあるかもしれない可能性が出てきたことに興奮を覚えている。それが何なのかを見極めることが非常に重要だと考える」と話しています。