温泉旅館に本格的な鉄道模型のジオラマが完成 岡山 美作

岡山県美作市の温泉旅館に本格的な鉄道模型のジオラマを設置した貸し切りのスペースが完成し、23日、お披露目されました。

このジオラマは、美作市の湯郷温泉にある温泉旅館が、新型コロナウイルスの感染拡大で地域の経済が大きな打撃を受けるなか、新たなサービスで鉄道ファンを呼び込もうと、旅館のラウンジに設置したものです。

23日、完成を祝う式典が行われ、市内を走る智頭急行の職員の合図で、模型の列車が出発しました。

ジオラマは、兵庫県の鉄道模型愛好家たちで作るグループが半年をかけて作り、幅が11メートル、奥行きが3メートルあり、4つの線路の総延長はおよそ120メートルになります。

JR岡山駅や津山市の観光名所の鶴山公園など県内各地の風景もリアルに再現されています。
ジオラマのスペースは宿泊客や日帰り客を対象に貸し切りで営業し、自分で持ち込んだ模型列車を走らせて楽しむこともできるということです。

「ゆのごう美春閣」の永山久徳社長は「コロナ禍の中で新しいサービスを提供したいと思い企画した。自然豊かな湯郷温泉でゆったりとした時間を過ごしたい人たちに利用してほしい」と話していました。