知床 観光船事故 何が起きたのか…【経緯】

23日、北海道の知床半島の沖合で乗員・乗客26人が乗った観光船が行方がわからなくなっている事故。観光船の乗客と乗員の救助活動が続き、第1管区海上保安本部によりますと、これまでに救助された10人の死亡が確認されました。亡くなったのは男性7人、女性3人のあわせて10人で、子どもとみられる人は含まれていないということです。
これまでの情報をまとめてお伝えします。

23日午後1時ごろ「船首が浸水し沈みかかっている」

23日午後、「浸水している」という救助要請のあと、行方が分からなくなった観光船「KAZU 1(19トン)」。運航会社は「知床遊覧船」です。知床斜里町観光協会によりますと、運航会社は、23日、ほかの運航会社に先駆けて今シーズンの運航を始めたばかりでした。

NHKが斜里町のウトロの港に設置しているカメラには、23日午前9時50分すぎに乗客が次々と乗り込み、午前10時ごろに港から出発する様子が映されていました。
関係者によりますと、この船が観光船「KAZU 1」だということです。

海上保安庁によりますと、子ども2人を含む乗客24人と船長と甲板員それぞれ1人のあわせて26人が乗っていたということです。
運航会社によりますと、観光船は、23日午前10時に斜里町ウトロの港を出港したあと知床岬で折り返し、港に戻る予定でした。

異変があったのは、出港からおよそ3時間後の午後1時ごろ。
海上保安庁によりますと、知床半島の沖合から無線や電話で救助要請がありました。
「船首が浸水し、沈みかかっている。エンジンが使えない」という内容でした。

さらに午後2時ごろには「船首が30度ほど傾いている」と運航会社に伝えたのを最後に連絡がとれなくなりました。

“暗礁があり危険な場所”

捜索が行われているの斜里町の「カシュニの滝」近くの海域。
23日午後6時すぎの映像では岩場に白波が打ち寄せていました。
気象台によりますと、事故当時、周辺の海域の波の高さは3メートルで、強風と波浪の注意報が出ていました。

以前、知床の観光船の船員だった男性によりますと、現場のカシュニの滝付近について「潮の流れが速いほか、暗礁があり危険な場所だ」と話しています。
暗礁の大きさはおよそ縦30メートル横10メートルほどで、この場所を行き交う観光船は十分に注意しながら航行しているということです。
またこの海域は北西の風が吹くと波が立ちやすく、操船が難しくなるということです。

この時期、現場はどういう状況なのか。3年前の5月の連休に知床遊覧船に家族で乗船したという30代の女性は「陸地では長袖1枚でも十分でしたが、海に出ると昼間でもすごく寒かったのを覚えています」と話し、ヒグマの親子が見えた際は、『岩場がごつごつしていて危ないので、近づかず観察になります』というアナウンスがあったということです。

観光船 去年6月にも事故 船長が書類送検

海上保安庁によりますと、連絡が途絶える前に、観光船の乗員は「エンジンが止まっていて、自力で航行できない」と話していたことが海上保安庁への取材で分かりました。
海上保安庁は、観光船に何らかの異常が起き、操船ができなくなっていたとみて調べています。

乗客について、運航会社は海上保安庁に対し、全員救命胴衣を着用していたと説明しているということです。

観光船「KAZU 1」は、第1管区海上保安本部によりますと、去年6月にウトロ漁港を出港した直後に浅瀬に乗り上げる事故を起こしています。当時は乗客21人が乗っていましたが、けが人はなかったということです。

この事故では、今回の遭難で行方が分からなくなっている豊田徳幸船長(54)が業務上過失往来危険の疑いで書類送検されていました。

第1管区海上保安本部は当初、42歳の船長と説明していましたが、その後、発表を訂正しました。

ほかの運航会社に先駆けて今シーズンの運航

知床斜里町観光協会によりますと、消息を絶った観光船の運航会社の「知床遊覧船」では、23日にほかの運航会社に先駆けて今シーズンの運航を始めたばかりでした。

「知床遊覧船」のホームページによりますと、知床半島を周遊する観光クルーズは、知床岬で折り返すコースなど所要時間がおよそ3時間かかるものから1時間のものまで3種類あり、今回、遭難したとみられる「KAZU 1」は最長の3時間かかるコースを運航していました。

観光協会によりますと、斜里町の観光客数は3年前の2019年には116万人余りにのぼっていました。
しかし、新型コロナウイルスの影響もあって、おととしと去年はいずれも60万人余りとコロナ前のおよそ半分にまで落ち込んだということで、この春の行楽シーズンに合わせて観光クルーズなどを呼び物に客足の回復が期待されていました。

「なぜ行ってしまったのか」

24日朝、斜里町のウトロ港で、行方が分からなくなっている観光船とは別の運航会社の男性が記者団の取材に応じました。
男性は「海が荒れるのが分かっていたので、きのうは行くなと言った。なぜ行ってしまったのかと思う」と話していました。

地元漁協組合長「出港しない方がいいと言ったが…」

また地元の漁協の組合長が取材に応じ観光船が出港する前、船長に対し、「波が高くなるから出港しない方がいいと忠告したが、出て行ってしまった」と当時の状況を証言しました。

斜里町にあるウトロ漁協と斜里第一漁協は、24日午前6時半から合わせて10隻の漁船を現場の海域に出して捜索を行いました。ウトロ漁協の深山和彦組合長は、観光船が出港する前の状況について「組合員の漁業者が観光船の船長に『きょうは波が高くなるから出港しない方がいい』と忠告したが、船長は『波が高くなったら港に戻るから大丈夫だ』と言って出ていってしまった」と証言しました。

24日の捜索については「昼頃、現場海域の近くで遭難した観光船の名前が書かれた2メートル四方くらいの救命いかだを見つけたが、人は乗っていなかった。行方不明者の家族が納得できるまで捜索を続けたい」と話していました。
またNHKのヘリコプターで24日午後0時15分ごろ、知床岬の先端付近の上空から撮影した映像では、岩場に「KAZU 1」と書かれたオレンジと白の浮き輪が打ち上げられているのが確認できます。
また第1管区海上保安本部は、24日の捜索中に撮影された画像2枚を公表しました。
このうち知床岬の先端付近で撮影された画像には、潜水士2人が岩場にいた1人を救助している様子が写っています。
また、岬近くの海上で撮影された別の画像では、観光船「KAZU 1」の船名が書かれた浮き輪などの救命具が浮かんでいる様子が確認できます。