26人乗った観光船が浸水か 現場周辺を捜索 北海道 知床半島沖

23日午後、北海道の知床半島の沖合で乗客と乗員合わせて26人が乗った観光船から「浸水して沈みかかっている」と通報がありました。海上保安庁は、巡視船とヘリコプターなどを出して現場周辺の海域を捜索しています。

海上保安庁によりますと、23日午後1時15分ごろ、知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」の乗員から「船首部分が浸水し、沈みかかっている」と通報がありました。

海上保安庁によりますと、観光船には子ども2人を含む24人の乗客と、船長と甲板員それぞれ1人の、合わせて26人が乗っていたということです。

乗員と乗客は救命胴衣を着用しているものの、観光船からは「船体が30度ほど傾いている」と連絡があり、その後、連絡が取れなくなったということです。

海上保安庁は、救助要請を受けて巡視船艇5隻と航空機2機の体制で対応していて、このうちヘリコプター1機が午後4時半に、現場の斜里町の「カシュニの滝」と呼ばれる場所の周辺海域に到着し、捜索にあたっているということです。
観光船を保有する「知床遊覧船」によりますと、観光船は、23日午前10時に斜里町ウトロの港を出航して、知床半島の先端にある知床岬で折り返し、午後1時にウトロの港に戻る予定だったということです。

「知床遊覧船」のホームページによりますと、会社は2隻の観光船を保有し、知床半島のウトロ側で、3つの遊覧コースを設けていて、最も長いコースではおよそ3時間かけて知床岬までを巡り、船の上からヒグマやオジロワシなどの野生動物を見ることができるということです。

去年6月 浅瀬に乗り上げる事故

23日、北海道の知床半島の沖合で海上保安庁に救助要請をした観光船「KAZU 1」は、去年6月、浅瀬に乗り上げる事故を起こしていました。

第一管区海上保安本部によりますと、「KAZU 1」は、去年6月11日、斜里町のウトロ漁港を出港した直後に浅瀬に乗り上げました。

観光船には子ども2人を含む乗客21人と乗員2人のあわせて23人が乗っていましたが、けが人はなく、自力で浅瀬を離れて港に戻ったということです。

この事故では、今回の遭難で行方が分からなくなっている豊田徳幸船長(54)が業務上過失往来危険の疑いで書類送検されていました。

第1管区海上保安本部は、去年6月の事故で書類送検されたのは、当初、42歳の船長と
説明していましたが、その後、発表を訂正しました。

NHKのヘリ映像からは

午後6時10分ごろにNHKのヘリコプターが撮影した映像からは、北海道斜里町の「カシュニの滝」と呼ばれる場所の近くの海域で、海上保安庁の船が捜索に当たっている様子が確認できます。

波が高く海が荒れているためか、海上保安庁の船が上下に揺れているのが分かります。

ヘリの映像からは、この海域を航行するほかの船舶の姿は確認できません。

漁協「現場周辺 波が高かった」

北海道斜里町にあるウトロ漁協によりますと、23日現場周辺の海域は波が高く、漁に出た船も午前中のうちに港に戻ったということです。

漁協では、海上保安部から要請があった場合、現場に向かう体制を整えているということです。

気象庁によりますと、オホーツク海ある低気圧の影響で、北海道東部では午前中から次第に風が強まり波も高くなっていて、昼ごろからは波の高さが3メートルほどだったとみられるということです。

現場周辺の北海道網走地方には波浪と強風の注意報が出ていました。

釣り船経営者「波高かったが 走れないほどではなかった」

斜里町で釣り船を営んでいる佐藤隆さんは23日午前5時ごろに釣り客を乗せてウトロ港を出港し、午後0時半ごろまで1キロほどの沖合に出ていたということです。

佐藤さんは当時の海の様子について「午後からしけるという予報で、そのとおりに波が高くなってきていたが、船が走れないほどではなかった」と話していました。

そのうえで「自分の船よりも大きい観光船が航行できなくなるほど荒れた海ではなかったと思うので、機関故障などのトラブルがあったとしか考えられない」と話していました。

別の観光船 船員「北風が強くなると 波高く」

北海道の知床半島沖を航行する別の観光船の船員の男性はNHKの取材に対し、現場の「カシュニの滝」周辺の海域について「北風が強くなると、波が高くなる」と説明し、23日の海の状況については「昼頃から急に波が高くなったようだ」と話していました。

この男性は24日に捜索が行われるのであれば捜索に加わりたいとしています。

元船員「暗礁があり危険な場所」

以前、知床の観光船の船員だった男性は現場のカシュニの滝付近について、「潮の流れが速いほか、暗礁があり危険な場所だ」と話しています。

暗礁の大きさはおよそ縦30メートル横10メートルほどで、この場所を行き交う観光船は十分に注意しながら航行しているということです。

またこの海域は北西の風が吹くと波が立ちやすく、操船が難しくなるということです。

元海上保安監「船そのものに何らかの異常か」

海上保安庁で現場トップの海上保安監や警備救難部長を歴任した伊藤裕康さんは、観光船から「船体が30度ほど傾いている」と連絡があったことについて「船舶は通常、傾いた時に元に戻ろうとする『復原力』が働くが、傾きが続いていたとすると少なくとも船そのものに何らかの異常な事態が生じていたと考えられる」と指摘しています。

そのうえで「一般論にはなるが、現場は波が高く暗礁が多いことも見て取れるので、大きな波をかぶって船内に水が入ったことや、暗礁に船体が当たって亀裂が入ったことも可能性としては考えられる」と話しています。

「知床遊覧船」保有の小型観光船

北海道の第1管区海上保安本部によりますと「KAZU 1」は知床遊覧船が保有する船だということです。

会社では、2隻の観光船を保有していて「KAZU 1」は定員65人の小型の観光船だということです。

斜里町に住むNHK職員の親族が午後5時すぎに撮影した映像には「知床遊覧船」という看板が掲げられた建物の中で、数人の警察官が聞き取りをしたり、関係者が出入りしたりする様子が確認できます。

水難事故の専門家「なんとか水につからない状況で体温維持して」

全国の水難事故の調査を行っている水難学会の斎藤秀俊会長は、23日午後6時半ごろ、NHKの映像を見たうえで「だいぶ暗くなり、海上も荒れてきていて、捜索が厳しい時間帯になってきた」と述べました。

そして「インターネットで見ると、現場周辺の海水温は4度程度と推定されるが、海水につかると命に関わるような状況だ。一般的に海水温は17度より高ければ24時間くらいは問題なく命を保てるとされるが、17度を割るととたんに生存できる時間が短くなる。海水温4度だと、どんな上着を着ていても命を保てる時間は1時間程度だと考えられ、なんとか船の甲板などに残って海水につからないような状況で体温を維持してほしい」と話していました。

3年前に乗船の女性「海に出ると昼間でも寒かった」

3年前の5月の連休に知床遊覧船に家族で乗船したという静岡県に住む30代の女性は、「ヒグマやシャチが見られる可能性がとても高いと聞いて、知床遊覧船に乗りました。陸地では長袖1枚でも十分でしたが、海に出ると昼間でもすごく寒かったのを覚えています」と振り返りました。

陸地にヒグマの親子が見えた際には、船内で「近くに行きたいところですが、岩場がごつごつしていて危ないので、近づかず観察になります」というアナウンスがあったということです。

女性は毎年のように知床に観光に行っているということで、「大好きな観光地なので、行くたびに応援するつもりで観光を楽しんでいました。ニュースを聞いてショックです」と話していました。
※「KAZU 1(ワン)」は正しくはローマ数字