ショー上演中 水上バイクが客席に突っ込む2人けが 愛知 蒲郡

23日午後、愛知県蒲郡市のレジャー施設「ラグーナテンボス ラグナシア」で、ショーの上演中に水上バイクが観客席に突っ込み、中学生ら2人がけがをしました。いずれもけがの程度は軽いとみられ、警察が当時の状況を調べています。

23日午後1時すぎ、蒲郡市のレジャー施設「ラグーナテンボス ラグナシア」から「水上バイクが観客席に突っ込み、けが人が出た」と消防に通報がありました。

警察によりますと、当時、施設内のプールでショーの上演中に走行していた水上バイクが、プールの外に飛び出して観客席に突っ込んだということです。

この事故で、岐阜県から来ていた13歳の中学生と30代の母親の2人が軽いけがをしました。

当時、観客が撮影した映像では、水上バイクが水しぶきをあげながら蛇行を繰り返し、ターンしたあとに観客席の方向に飛び出していくような様子が確認できます。

警察によりますと当時、プールサイドの観客席に250人ほどの観客がいたということで、当時の詳しい状況を調べています。

警察は、3人がけがをしたとしていましたが、詳しく調べた結果、けが人は2人だと発表しました。

ラグーナテンボス「おわびを申し上げる」

事故について「ラグーナテンボス」はホームページ上で「事故にあわれたお客様に対しおわびを申し上げるとともに誠意を持って対応させていただきます。安全管理に全力を尽くして参ります」とコメントを出しました。

また、今回のショーについては当面、上演を中止するということです。