もんじゅ廃炉作業 原子炉内核燃料 一時的な保管場所へ移動終了

廃炉作業が続く福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」で、原子炉内に残っていたすべての核燃料を、一時的な保管場所に移す作業が終了しました。

4年前に廃炉作業が始まった「もんじゅ」では、先月30日から原子炉内に残る核燃料124体を、液体ナトリウムで満たされた「炉外燃料貯蔵槽」という、一時的な保管場所に移す作業が始まっていました。

この作業は22日未明に終了し、もんじゅを運営する日本原子力研究開発機構の吉田邦弘理事が、敦賀市の池澤俊之副市長と面談しました。

吉田理事は作業にトラブルはなかったことや、ことし6月以降は核燃料を水で冷やすための、使用済み燃料プールに格納する作業に入ることを報告しました。

これに対し池澤副市長は「慎重に慎重を重ねて、しっかりと目的を達成してもらいたい」と述べ、今後も安全を最優先にするよう求めました。

原子力機構は使用済み燃料プールへの格納作業を年内に終わらせ、その後、2037年度までにフランスの企業への搬出を終えたいとしています。

また来年度以降、原子炉の冷却などに使われた液体ナトリウムを抜き出す作業に取りかかることにしています。