ゴーン元会長に逮捕状 フランス司法当局が国際手配

日産自動車のゴーン元会長が経営トップを務めていた自動車メーカー、ルノーの資金を流用したなどとする疑惑をめぐり、フランスの司法当局はゴーン元会長らの逮捕状を出し、国際手配したことを明らかにしました。

カルロス・ゴーン元会長を巡っては、経営トップを務めていたルノーの内部調査で、中東オマーンの販売代理店への不透明な支払いに関与したり、ベルサイユ宮殿でのみずからの結婚披露宴に会社の資金を流用したりした疑惑を指摘され、フランスの司法当局が重大な事件で裁判を開くかどうか審査する「予審手続き」を進めています。

フランスの司法当局は22日、NHKの取材に対して、ゴーン元会長やオマーンの販売代理店のオーナーなどに逮捕状を出し、ICPO=国際刑事警察機構を通じて国際手配したことを明らかにしました。

フランスの司法当局は、ゴーン元会長の逃亡先の中東レバノンで、これまで2回にわたって元会長本人に対する事情聴取を行っていて、地元メディアは、逮捕状はルノーからオマーンの販売代理店への不透明な支払いをめぐるものだと伝えています。

ゴーン元会長は、すでに日本からの要請に基づきICPOを通じて国際手配されています。