ビル10階から金属製の部品が落下 通行人の頭に 東京 中央区

22日午前、東京 中央区にあるビルで10階のベランダに取り付けられていた金属製の部品が落下し、下を歩いていた40歳の男性の頭に当たりました。男性は病院に搬送されましたがけがの程度は軽いということで、警視庁が当時の状況を詳しく調べています。

警視庁などによりますと、22日午前9時前、東京 中央区日本橋室町の10階建てのビルで「鉄のようなものが落ちて通行人の男性に当たった」と110番通報がありました。

警察官などが駆けつけたところ、ビルの前の歩道に長さおよそ60センチの金属製の部品が落ちていて、近くを歩いていた40歳の男性の頭に当たったということです。

男性は病院に搬送されましたが、けがの程度は軽いということです。

警視庁が調べたところ、落下した部品はビルの10階のベランダに取り付けられていたプランターを置くための金属製の板の一部で、当時、清掃業者の作業員が窓の掃除を始めようとした際、この板に足をかけていたことが分かったということです。
警視庁は作業員が足をかけた際に落下したとみて、当時の状況を詳しく調べています。