高校生が右目失明 警棒から高校生のDNA検出 警棒と接触か 沖縄

ことし1月、沖縄市の路上でバイクを停止するように警察官に求められた高校生が右目を失明した問題で、警察官が持っていた警棒から高校生のDNAが検出されたことがわかりました。
警察は高校生が警棒と接触し大けがをしたとみて、当時の状況を詳しく調べています。

警察によりますと、ことし1月27日の未明、沖縄市の路上で歩いてパトロールしていた当時29歳の男性警察官と、17歳の男子高校生が乗ったバイクが接触し、その後数百メートル離れた場所で転倒した高校生は右目を失明しました。

警察によりますと、これまでの調べに対し高校生が「バイクを走行中にいきなり警察官が目の前にあらわれて、警棒で殴られた」などと説明した一方、警察官は両手を広げてバイクに停止を求めたとしたうえで、「手に警棒を持ち、直進してくるバイクを避けようとした時に接触した。接触して手がはじかれたが、具体的にどこが当たったかはわからない」と話しているということです。

その後、警察が警棒の鑑定を進めた結果、高校生のDNAが検出されたということです。

警察は高校生が警棒と接触し大けがをしたとみて、当時の状況を詳しく調べています。

高校生のけがをめぐっては、その後、大勢の若者が沖縄警察署に集まり、署の窓ガラスを割ったり車両を壊したりしていて、警察が器物損壊などの疑いで捜査を進めています。