秋篠宮ご夫妻 伊勢神宮に参拝 「立皇嗣の礼」に伴う行事

秋篠宮ご夫妻は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期されていた、秋篠宮さまの「立皇嗣の礼」に伴う行事として伊勢神宮に参拝されました。

秋篠宮ご夫妻は、21日午前8時半すぎ、20日から宿泊していた伊勢神宮の内宮を車で出発し、午前9時、外宮に到着されました。

モーニング姿の秋篠宮さまと参拝服を着た紀子さまは、歩いて外宮の中心の正殿がある正宮の前に移動されました。

そして神職らの先導で正殿に向かい、正殿の手前にある門の前で、玉串をささげて拝礼されたということです。

ご夫妻は引き続き、皇室の祖先とされる「天照大神」をまつる、伊勢神宮の内宮に参拝し、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを、広く内外に伝える「立皇嗣の礼」が終わったことを報告されたということです。

22日は奈良県の神武天皇陵と、京都市の孝明天皇陵や明治天皇陵などに、参拝されることになっています。

秋篠宮さまは、おととし11月に「立皇嗣の礼」に臨まれましたが、それに伴う伊勢神宮などへの参拝は、感染拡大を受けて延期されていました。

秋篠宮ご夫妻がお二人で地方を訪問されるのは、おととし1月以降、2年3か月ぶりで、宮内庁は行程のほとんどを車での移動とし、駅や沿道に多くの人が集まらないよう工夫するなど、感染防止対策を徹底するとしています。