日銀「連続指値オペ」国債無制限に買い入れ 21日~26日 実施

日銀は、長期金利の上昇を抑えるため、指定した利回りで一定期間、国債を無制限に買い入れる「連続指値オペ」と呼ばれる措置を21日から今月26日まで実施すると発表しました。
日米の金利差の拡大を背景に円安が進んでいますが、日銀は21日以降も金利上昇を抑える措置をとることで、金融緩和を続ける姿勢を重ねて示した形です。

日銀は、金融緩和策の一環として、長期金利の指標となる満期までの期間が10年の国債の利回りを「プラスマイナス0.25%程度」の変動幅で推移するよう調節するとしています。

国債は市場で売られると金利が上昇する関係にありますが、債券市場ではアメリカの長期金利の上昇を受けて、日本国債が売られ、長期金利が変動幅の上限の0.25%に達しました。

これを受けて日銀は20日、金利上昇を抑え込むため、指定した利回りで国債を無制限に買い入れる「指値オペ」を実施し、2251億円分を買い入れました。

しかし、長期金利が依然として0.25%となっているため、21日から今月26日まで指値オペを継続する「連続指値オペ」を実施することになりました。

日銀がこの措置に踏み切るのは、先月下旬以来です。

外国為替市場では、日米の金利差の拡大を背景に円安が進んでいますが、日銀は21日以降も金利上昇を抑える措置をとることで、金融緩和を続ける姿勢を重ねて示した形です。