ロボットが料理を盛りつけ配膳するレストラン開店 東京

ロボットが、簡単な料理の盛り付けから配膳、食べ終わった器の回収までを行うレストランが20日、都内にオープンしました。

このレストランは、大手機械メーカーの川崎重工業が、羽田空港に隣接する研究施設の中に、ロボット開発のためにオープンさせたもので、合わせて7台のロボットが活躍しています。

利用客がスマートフォンを使ってメニューを選ぶと、ちゅう房にいるロボットがスープやカレーの入った袋を湯せんし、器に盛りつけたり、ごはんを電子レンジで温めたりします。

また、料理は配膳担当のロボットが利用客のテーブルまで届け、2つのアームを使って配膳するほか、食事が終わった器も回収します。

一方、来店客からの利用のしかたについての問い合わせや、回収したゴミの廃棄などの対応は、人が行うということです。

このレストランは誰でも利用できるということで、会社では、ロボットによるサービスの課題を洗い出すことで、人手不足が深刻な飲食や介護業界などでの省力化につながるロボット開発に役立てたい考えです。
川崎重工の高木登ロボットディビジョン長は「実際のサービスを通じて、想定していなかった要望が出てくると思う。そうした部分を改善し、できなかったことができるようになったとお客様に思ってもらえるよう、発展させていきたい」と話していました。