大型連休 高速道路の渋滞 感染拡大前と同程度 40キロ超予想も

大型連休の期間中、高速道路の混雑のピークは下りが5月3日、上りが5月4日と5日と見込まれ、場所によっては40キロを超える激しい渋滞も予想されています。ことしは新型コロナウイルスの感染拡大前と同じ程度の渋滞が見込まれるところもあり、高速道路各社は事前に予測を確認するよう呼びかけています。

下りのピークは3日ごろ

高速道路各社によりますと、大型連休の期間中、ふるさとや行楽地に向かう下りの混雑は4月29日から30日にかけてと、5月3日から4日にかけてと予想され、ピークは5月3日ごろの見込みです。

3日に各地で予想される渋滞は以下のとおりです。

▽東北自動車道は埼玉県の羽生パーキングエリア付近を先頭に午前9時ごろから最大40キロ
▽中央自動車道は神奈川県の相模湖インターチェンジ付近を先頭に午前6時ごろから最大40キロ
▽関越自動車道は埼玉県の高坂サービスエリア付近を先頭に午前8時ごろから最大30キロとなっています。

西日本では
▽第二神明道路の兵庫県名谷インターチェンジ付近を先頭に午前8時ごろから最大32キロなどと予想されています。

上りのピークは4日と5日にかけて

一方、行楽地などからのUターンとなる上りの混雑は4月30日から5月1日にかけてと、5月3日から5日にかけてと予想され、4日と5日がピークとなる見込みです。

各地の渋滞は
▽東北自動車道は栃木県の上河内サービスエリア付近を先頭に4日午後5時ごろから最大35キロ、5日午後4時ごろから最大45キロ、埼玉県の加須インターチェンジ付近で5日午後6時ごろから最大40キロと予想されています。

また
▽関越自動車道は高坂サービスエリア付近を先頭に5日午後5時ごろから最大40キロ
▽東名高速道路は神奈川県の綾瀬スマートインターチェンジ付近を先頭に4日午後4時ごろからと5日午後1時ごろから最大35キロ
▽常磐自動車道は千葉県の柏インターチェンジ付近を先頭に5日午後5時ごろから最大30キロ
▽中央自動車道は小仏トンネル付近を先頭に5日午後3時ごろから最大30キロです。

このほか
▽東名阪自動車道は三重県の鈴鹿インターチェンジ付近を先頭に4日と5日のいずれも午後4時ごろから最大30キロ
▽名神高速道路は滋賀県の蝉丸トンネル付近を先頭に4日午前9時ごろから最大30キロなどと予想されています。

高速道路各社は「感染状況次第で予測が変わる可能性もあるが、去年やおととしと比べて渋滞が多くなると予想される。出発日や時間帯をずらしたり、う回ルートを通ったりして渋滞を避けてほしい」と話しています。