長期金利0.25%に上昇 再び変動幅の上限に 日銀の対応に関心

長期金利が19日、0.25%に上昇し、日銀が示す変動幅の上限に達しました。先月は、日銀による金利上昇を抑える措置がきっかけとなって円安が進んでいて、日銀が改めて国債を大量に買い入れる措置に踏み切るのか、市場関係者の関心が集まっています。

19日の債券市場は、日本国債が売られ、長期金利の代表的な指標となっている10年ものの国債の利回りが0.25%をつけて、取り引きを終えました。

国債は、市場で売られて価格が下がると、金利は上がる関係にありますが、19日はアメリカの長期金利が上昇したことを受けて、日本でも今後、一定程度、金利が上昇していくという見方が強まり、国債が売られた形です。

日銀は今の金融政策の中で、長期金利を「プラスマイナス0.25%程度」の変動幅で推移するように調節するとしています。

先月下旬に長期金利が上昇した際、日銀は、一定期間、指定した利回りで国債を無制限に買い入れる「連続指値オペ」と呼ばれる措置を実施しましたが、日米の金利差の拡大が意識され大幅な円安につながりました。

その後、円安はさらに進み、1ドル=128円台とおよそ20年ぶりの円安水準を更新する中、日銀が改めて金利上昇を抑えるため、指値オペなど国債を大量に買い入れる措置に踏み切るのか、市場関係者の関心が集まっています。