川崎 武蔵小杉駅近くのマンションゴミ集積場に乳児の遺体

19日昼すぎ、川崎市中原区のマンションで乳児の遺体が見つかり、警察は身元の確認を急ぐとともに、死体遺棄の疑いで捜査しています。

19日午後1時前、川崎市中原区小杉町にあるマンションのゴミ集積場で、乳児が置かれているのを清掃員が見つけて警察に通報しました。

警察によりますと、見つかったのは男の子で、すでに死亡していたということです。

また、ゴミ集積場はマンションの1階にあり、出入り口には鍵が設置されているということです。

警察は男の子の身元の確認を進めるとともに、死体遺棄事件として、防犯カメラの映像を解析するなどして捜査しています。

現場は武蔵小杉駅から北西におよそ500メートル離れた住宅街です。

現場のマンションの住人「足が震えるほど怖い」

現場のマンションに住む20代の男性は、「ゴミ捨て場はオートロックの入り口を通って入るか、外から鍵のついた扉を開けないと入れない。赤ちゃんの遺体が見つかったと聞いて足が震えるほど怖いし、かわいそうだなと思う」と話していました。