自民 河村氏 岸田首相に韓国側の“訪韓への期待”伝える

日韓関係をめぐり岸田総理大臣は、韓国を訪問した自民党の河村元官房長官と会談し、河村氏が、韓国側から岸田総理大臣の訪問に期待する声が寄せられたと伝えたのに対し、韓国の代表団の派遣など今後の状況を注視する考えを示しました。

自民党の河村元官房長官は、19日午前、総理大臣官邸で岸田総理大臣と会談し、先週、韓国を訪問したことを報告しました。

この中で河村氏は、韓国の国会議員でつくる「韓日議員連盟」の幹部らとの会談を通じて、韓国側が、ユン・ソギョル(尹錫悦)次期大統領のもとで日韓関係の改善に意欲を持っていると感じたと説明しました。

そのうえで韓国側から、来月10日のユン次期大統領の就任式に合わせて岸田総理大臣の韓国訪問を期待する声が寄せられたことを伝えました。

これに対し岸田総理大臣は、ユン次期大統領が今月24日から国会議員や外交の専門家などで構成する代表団を派遣し、日本側と意見を交わしたいとしていることなどを踏まえ、今後の状況を注視する考えを示したということです。

河村氏は記者団に対し「岸田総理大臣は、慰安婦問題の日韓合意の立て役者であり、太平洋戦争中の『徴用』をめぐる問題などを解決したいという思いを持っている。韓国代表団との協議がどうなるかだ」と述べました。