北九州 小倉「旦過市場」で火災 消防“40以上の店舗焼けたか”

19日未明、北九州市小倉北区の中心部にある「旦過市場」から火が出て、消防によりますと火は19日朝、ほぼ消し止められましたが市場の中や周辺の40以上の店舗が焼けたと見られるということです。けが人の情報は今のところ入っていないということです。

19日午前2時40分ごろ、北九州市小倉北区魚町4丁目で「旦過市場付近から火が出ている」と近くに住む人から消防に通報がありました。

消防車など27台が出て消火にあたり、火はおよそ5時間後の午前8時前にほぼ消し止められましたが、消防によりますとおよそ1600平方メートルが焼け、市場の中や周辺の40以上の店舗が含まれていると見られるということです。

これまでのところけが人の情報は入っていないということで、警察や消防が詳しい状況を調べています。

旦過市場はおよそ100年前の大正時代に整備された市場で、北九州市の市民の台所として親しまれています。

一方で建物の老朽化が進んでいることから、北九州市は防災面の課題を解消しようと市場を4つの区画に分けて再整備を進める計画を立てています。

旦過市場商店街会長「残念でショック」

旦過市場商店街の黒瀬善裕会長は「本当に驚きと残念さしかなくショックだ。一日も早く営業を再開できる状況にしたいが、現状がわからないので対策の取りようがない。とにかく被害の状況確認を早くしたい」と話していました。

近くで店を営む男性「今後どうなるか不安」

近くで店を営む男性は「パチンパチンと音がして目が覚めた。火を消そうと消火器を持って外に出たら、電線を伝って火が広がっていて近づける状態ではなかった。自分の店の中にも火が入っている。今後どうなるか不安だ」と話していました。