京都 亀岡 パトカー追跡の車が宝石店に突っ込み火事

17日未明、京都府亀岡市の宝石と時計の販売店に乗用車が突っ込んで火事が起き、車に乗っていた男性2人がけがをしました。
警察によりますと、事故の前、車は赤信号を無視してパトカーに追跡されていたということです。

17日午前2時15分ごろ、京都府亀岡市追分町にある宝石と時計の販売店に乗用車が突っ込んで、火事が起きました。

警察や消防によりますと、火はおよそ3時間後に消し止められましたが、3階建ての建物のうち、1階の店舗と2階の別の店舗、合わせておよそ280平方メートルのほとんどが焼けました。

店内には誰もいませんでしたが、この事故で乗用車の助手席に乗っていた19歳の男性が胸などを強く打って大けがをしたほか、運転していた18歳の男子専門学校生も手に軽いけがをしたということです。

亀岡警察署「追跡方法は適正だった」

警察によりますと、事故の直前、乗用車が現場から1.5キロほど離れた交差点で赤信号を無視したため、パトカーが赤色灯をつけてサイレンを鳴らし追跡していたということです。

その後、車が速度を上げて逃走したことから、警察官が危険だと判断し追跡をやめたあとに事故が起きたということです。

現場はJR亀岡駅から300メートルほど離れた商店などが建ち並ぶ地域で、警察は当時の状況を詳しく調べています。

追跡した車が事故を起こしたことについて、亀岡警察署は「追跡方法は適正だったと考えている」とコメントしています。