震度6強から1か月 復旧作業 思うように進まず コロナ影響 福島

先月16日の地震で震度6強の揺れを観測した福島県相馬市では、感染拡大の不安からボランティアがほとんど入らず、人手不足の状態が続いていて、地震から1か月たった今も復旧作業が思うように進んでいません。

被害が特に深刻な相馬市では、これまでに1600棟余りの住宅被害が確認されましたが、り災調査はまだ4000件近い申請件数の半分ほどしか終わっていません。

新型コロナウイルス対策として、ボランティア受け入れを3回目のワクチン接種を終えた相馬市民に限定したため、ほとんど人が集まらず、復旧作業も滞っています。

こうした中、被災地では地元の住民や東京や熊本などから来た人で作るボランティア団体が復旧作業を手伝っていて、16日はスタッフ5人が市内の観光名所松川浦に近い民宿で、亀裂が入って傾いた塀を取り壊し、ブロックを運び出す作業などを行っていました。

この団体にはこれまでに60件の依頼が寄せられていて、被災者1人1人の要望を聞き取りながら作業を進めているということです。

作業を手伝ってもらった菊地良一さんは「地震発生から1か月たちますが、毎日片付けをする日々です。ボランティアの人に作業してもらって本当に助かります」と話していました。

熊本から来て、この団体の活動に参加している井出順ニさんは「6年前の熊本地震で東北地方の人にお世話になったので、その恩返しができればと思って来ました。新型コロナの影響でボランティア活動自体が難しくなっていますが、思いを持って復興に携わっていきたいです」と話していました。