カーリング女子 ロコ・ソラーレ 五輪後初の大会プレーオフ進出

北京オリンピック、カーリング女子の日本代表で銀メダルを獲得したロコ・ソラーレが、オリンピックのあと初めて出場した大会でプレーオフ進出を決めました。

ロコ・ソラーレはことし2月の北京オリンピックで日本代表として日本のカーリング史上初めて決勝に進み、銀メダルを獲得しました。

今月12日からはカナダで開かれている世界ランキング上位の強豪チームが参加する大会に出場していて、16日はプレーオフ進出をかけて地元、カナダのチームと対戦しました。

試合は1点を追う第3エンドに、有利な後攻のロコ・ソラーレが3点を奪うビックエンドを作り、流れを引き寄せると、第5エンドに4点、続く第6エンドは2点をスチールして相手を突き放しました。

このあと相手が負けを認めたため、ロコ・ソラーレが9対2で快勝し、オリンピック後初めての大会でプレーオフ進出を決めました。