照屋寛徳 元衆院議員 死去 社民党の国対委員長や副党首を歴任

社民党の副党首などを務めた照屋寛徳 元衆議院議員が15日午後、沖縄県内の病院で亡くなりました。76歳でした。

照屋氏は、終戦の年の昭和20年に、サイパンにあったアメリカ軍の捕虜収容所に生まれ、琉球大学を卒業したあと、昭和47年に弁護士となり、アメリカ軍嘉手納基地の爆音訴訟などに携わりました。

沖縄県議会議員を2期、参議院議員を1期務めたあと、平成15年から衆議院議員を連続6期務め、社民党の衆議院議員としては全国で唯一、小選挙区の議席を守ってきました。

また、社民党では国会対策委員長や副党首などを歴任しました。

照屋氏は「高齢になり、病気の後遺症もある」などとして、去年10月の衆議院選挙に立候補せず引退していました。

関係者によりますと、照屋氏はがんを患っていて、自宅で療養を続けていましたが、先週、沖縄県西原町内の病院に入院し、15日午後に亡くなりました。

76歳でした。