47都道府県 レベル判断のための2指標10項目(4月14日時点)

新型コロナウイルスの感染状況について、都道府県の医療のひっ迫度合いがどのレベルにあるかを示す指標では、今月14日の時点で、政府の分科会が示す「対策を強化すべきレベル」の目安を上回っている自治体はありません。

政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」は、医療のひっ迫の度合いを重視して対策を行うとする考え方をまとめています。

医療がどれだけひっ迫するかは、各都道府県で異なるため、レベルの判断は都道府県が行うとしています。

これを受けて内閣官房は、都道府県がどのレベルにあるか判断するための指標として「医療提供体制等の負荷」と「感染の状況」の2つを示しています。

このうち「医療提供体制等の負荷」には「確保病床の使用率」「重症確保病床の使用率」など5つの項目があります。

また「感染の状況」には「PCR検査の陽性率」10万人当たりの「新規陽性者数」「感染経路が不明な人の割合」など5つの項目があります。

内閣官房は、今月14日時点の全国47都道府県すべてのデータを発表し、政府の分科会が示す「対策を強化すべきレベル」の目安を上回っている自治体はありません。

都道府県別のデータについては、NHKの特設サイトで詳しく紹介しています。

こちらをご覧ください。