雪の壁は18mに 立山黒部アルペンルート全線開通 富山~長野

冬の間、雪に閉ざされていた富山県と長野県を結ぶ、北アルプスの山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」が15日、全線で開通しました。

「立山黒部アルペンルート」は、富山県立山町と長野県大町市をロープウエーやケーブルカーなどで結ぶ全長37キロ余りの山岳観光ルートです。

冬の間は雪に閉ざされていましたが、除雪作業が終わり15日、およそ4か月半ぶりに全線で開通し、標高2450メートルにある室堂ターミナルには、観光客を乗せたバスが次々と到着していました。

15日はあいにくの曇り空でしたが、道の両側に高い雪の壁がそそりたつ「雪の大谷」は、ことしは最も高いところで18メートルあり、この5年間で最も高いということです。

観光客は、写真を撮ったり、雪の壁を触ったりして楽しんでいました。

茨城県から初めて訪れたという女性は「雄大な景色でびっくりしました」と話していました。

また、神奈川県の男性は「建物の3・4階くらいの高さかと思っていましたが、それよりも高いですね」と話していました。

アルペンルートを運営する「立山黒部貫光」によりますと、例年はおよそ100万人が訪れていますが、去年は新型コロナの影響で30万人余りにとどまりました。

ことしは、去年に比べて団体客の予約などが多く、順調な滑り出しだといいます。

立山黒部貫光の秋元一秀営業統括本部長は「『雪の大谷』は去年より4メートル高く、皆さんに楽しんでもらえると思います。この2年は新型コロナの影響を受けましたが、多くのお客様のお越しを期待しています」と話していました。