旅行会社 コロナで販売停止の海外ツアー 2年ぶりに再開の動き

新型コロナの感染拡大以降、旅行会社などは海外ツアーの販売を停止してきましたが、4月からハワイへのツアーを再開する動きが相次いでいます。海外ツアーの再開はおよそ2年ぶりとなります。

このうち、航空大手のANAホールディングスは、4月29日以降に出発するハワイへの観光ツアーの販売を今月から再開しました。

また、旅行最大手のJTBも4月28日以降に出発するハワイツアーの販売を、15日から始めるということです。

各社は新型コロナウイルスの感染拡大以降、海外ツアーの実施を取りやめてきましたが、ツアーの再開はおよそ2年ぶりとなります。

背景には国が4月1日、海外への渡航や滞在にあたっての目安となる「感染症危険情報」について、アメリカなどを渡航中止を勧告するレベルから1段階引き下げたことなどがあります。

4月上旬には旅行会社でつくる日本旅行業協会がハワイを視察し、感染状況が落ち着いていることや、観光客の受け入れ体制が整っていることを確認しました。

このため協会では、今後、ハワイのツアーを再開する会社がさらに増えるとみています。

各社では、ヨーロッパなどほかの国や地域についても現地の感染状況を確認しながら、慎重にツアーを再開させたいとしています。