東北新幹線 あす全線で運転再開 しばらくは本数減 減速運転も

先月、震度6強を観測した地震の影響で脱線し、現在、福島駅と仙台駅の間で不通となっている東北新幹線は14日、全線で運転を再開します。

東北新幹線は、先月16日に発生した福島県沖を震源とする最大震度6強を観測した地震の影響で、車両が福島駅と白石蔵王駅の間で脱線したほか、沿線ではレールや架線、高架橋などの損傷が広い範囲で確認され、復旧作業が進められてきました。

当初、栃木県と岩手県の間で不通となった区間は段階的に短縮され、残っていた仙台駅と福島駅の間は作業が順調に進んだことから、予定よりも1週間近く早い14日、全線で運転を再開することになりました。

ただ、しばらくの間は
▽新幹線の運行本数を通常の8割から9割程度に抑えるほか
▽福島県の郡山駅から岩手県の一ノ関駅の間では速度を落として運転するということです。

このため、東京駅と仙台駅の間の時間は通常より30分ほど、東京駅と盛岡駅の間は通常より1時間ほど多くかかるということです。

JR東日本によりますと、通常ダイヤに戻るのは大型連休明けになる見込みだということです。

宮城 松島からは期待の声

日本三景の一つ、宮城県の松島からは期待の声があがっています。

遊覧船を運航する企業組合では、先月16日から東北新幹線が一部区間で不通になっている影響で、一日当たりの遊覧船の利用客数は地震の発生前と比べると半数ほどにとどまっているということです。

東北新幹線が14日に全線で運転が再開されることについて、松島島巡り観光船企業組合の高野裕太さんは「関東圏からの利用客が多かったので、影響は大きかったです。大型連休の前に再開であす以降の予約も徐々に増えてきているので安心しています」と話していました。

また、松島町に本社があるかまぼこ店では、東北新幹線が不通になっている影響で、ここ1か月間の売り上げが例年より2割余り落ち込んだということです。

さらに、原材料のスケソウダラなどの価格が上がった影響で今月、ほとんどすべての商品の価格を1割ほど値上げするなど厳しい状況が続いています。

店では、新幹線の再開による今後の売り上げの増加に期待を寄せています。

松島蒲鉾本舗の阿部博幸マネージャーは「新幹線の運転再開は非常にうれしいです。大型連休などに訪れる観光客に宮城の名産であるかまぼこを楽しんでもらえるよう準備を進めたいです」と話していました。